乳がんがわかる前に骨転移していた2013年6月。治療はフェマーラとランマーク。2014年2月からフェマーラやめてフェソロデックスに。骨髄にも転移して7月からアバスチン&パクリタキセル始まりました。


by マミグレ

45 由美子が姉です♪

2013年7月上旬

娘が東京から来てくれて、札幌のアパートを契約し、
家の掃除もして、

それから、私の実家へ行き、
認知症が進んできた母に代わり台所や部屋の片付けもしてくれたそう。

主人は、仕事と、札幌の病院と家との往復、ときどきアパートという
慣れない生活でかなり疲れているようす。

病院と家の往復は、節約して、高速道路を使わないからなおさら・・・。
(往復6時間は疲れるよね〜)

わたしはのんきに入院生活をさせてもらっているけど、
まあ、病人ということで許してもらおう!

だって、今まで、いっぱい働いたもーん♪
今年数か月休んでもいいくらい、有給たまってるんじゃないかな〜☆
有給じゃないけどね。崖っぷちですけど。



そんな頃、森下夫妻と前多夫妻がお見舞いに来てくれた〜〜♪♪

前多(夫)さんは、わたしのリクエストのにんじんジュースを箱買いして、
担いできてくれましたー。
ありがとーーー☆


これまでよくみんなで飲んだよね〜♪

「私、もう1か月全然飲んでないよーーー!」(自慢?)

「この機会にいっしょに禁酒する?」

「いや、それはムリ」(森下夫)


そんな会話をしながらも、
二人部屋なので、あまり盛り上がるとうるさいですね・・・。

みかにも個室から二人部屋になるときに、メールで
「お互いの見舞客が鬱陶しくならないようにね!」と言われてました。

たしかに。

しかーし、このときは、私はまだ寝たきりだったので、
デイルーム(面会スペース)まで行くこともできなかったのです。

病室の片隅には、まだオマルも置いてある状況です。照れるね。
(布が掛けられているけどね)

森下夫氏に「食い過ぎないように」と余計なお世・・励まされ、
また来るね、と4人は帰っていきました〜。


それから二日後に娘が帰って、
廣田さんが来てくれて、
同じ日に東京から早野さんがわざわざお見舞いに来てくれたのです。

早野家も夫婦でものづくりしている工房で、
毎年いっしょに展示会をしたり、百貨店でいっしょになったりする仲。
妻の由美子さんは、似ていないのに、いっしょにいるとなぜかよく私と姉妹って言われます。

5月に、私が背中痛くて、でもまだ我慢していたころ、
由美子さんも、首が痛くて、病院へ行ったら頸椎ヘルニアだったそう!
10日くらい入院。
ご主人に
「マミさんも早く病院行ったほうがいいよー。
僕らはもう若くないんだから」
って言われていたのでした。

由美子さんが東京で入院していたときに、
私はお見舞いに行ってないのに、
北海道まで来てもらったら、気が引けるから、来ないで〜〜
って言ってたんだけど、来てくれて、
すいません。そして、ありがとう!

1泊2日で、飛行機代、ホテル代つかって来てくれて、
病室でいっしょに私のご飯食べてくれてありがとう♪
ちょうどその日、居酒屋Xのマスターが刺身を持ってきてくれたので、
由美子さんと食べられてよかった〜♪
(マスターありがとう♪)

そして、早野夫殿は、入院した私より、私の夫を心配してくれていた!
やっぱりね。さすが姉妹の夫。わかってるね。













ぽちっと ↓ していただけるとうれしいです♪(^o^)/
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by mamigure222 | 2014-02-14 13:23