人気ブログランキング |

乳がんがわかる前に骨転移していた2013年6月。治療はフェマーラとランマーク。2014年2月からフェマーラやめてフェソロデックスに。骨髄にも転移して7月からアバスチン&パクリタキセル始まりました。


by マミグレ

29 民間救急車と新幹線の個室


名古屋の病院で、明日出発するという最後の日に、
寝たきりのままお風呂に入れてもらって
(湯船にもつかって〜)さっぱりすっきり〜〜\(^o^)/



お風呂で看護助手さんお二人と、

どこの癌だろうねえ。

転移なら、子宮癌かしらねえ。

病院のご飯、おいしかったよ〜。

え〜、ほんと〜?

そんなに移動にお金かかるなら、
車椅子に乗れるまでここにいたらいいのに!

などとおしゃべりしながら、体を洗ってもらったのでした。

(極楽極楽〜)



そして、前日の夜に、札幌から民間救急車の会社のコーディネーターSさんが名古屋に来て、明日の移動の手順を説明してくれました。

搬送中に医療行為が必要な患者さんには、看護師さんが付くのですが、
今回のワタクシの場合、医療行為はありません。
(おむつくらい・・・照)

いろいろ他県の民間救急車も使うし乗換もあるので、
Sさん自ら付き添いに来てくれたそうです。

セントレアから新千歳空港までもちろん飛行機はあるのですが、
便数が少ないので、座席を改造するのが大変らしく、
羽田から、ということになりました。


マヤちゃんも、うちの夫も、電話で話したSさんとても感じのいい人だ、と言っていましたが、実物のSさんも好感度100%です。

そのSさんが、私の転院先の病院にはしょっちゅう行っているそうで、
どの階の看護師さんもみんな優しいですよー!
と、うれしいお言葉。



病院の朝食もまだ来ない朝の7時、
同室のFさん、Sさんにお別れの挨拶をして出発。


病室まで、救急車のストレッチャーが迎えにきました。

JR名古屋駅で新幹線に乗り込む前に、キオスクで守口大根など購入。
(もちろん、私ではないですよ。娘に買ってもらいました)

新幹線の狭い個室は、わたしが横になっていっぱいいっぱいなんですが、
そのわきに夫と娘も腰掛け、
朝ご飯のコンビニおにぎりなど食べ、
窓の外を眺めながら、
ケイタイゲームなどポチポチしつつ、
こんな時じゃないと乗れない新幹線の個室を満喫〜〜。


そして、東京駅に着いて、窓からホームを見ると・・・・

マヤちゃんが立っているではあ〜りませんか!

マヤちゃんは11号車が個室ってわかってて、
わたしをびっくりさせようと、待ちぶせしていたんです!



やられたーー!












ぽちっと ↓ していただけるとうれしいです♪(^o^)/
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
by mamigure222 | 2013-12-27 22:09